広島市中区 じぞう通り歯科こども歯科

診療案内

予防のお話

予防いつまでも自分の歯でいるために。

ご自宅でお使いの歯ブラシをお持ちください。個別のブラッシング指導・歯並びやお口の中の状態にあった歯ブラシをお勧めできます。

お口の中のプラークは歯ブラシだけで約6割、歯ブラシとフロス両方使っても約9割までしか落とすことができないと言われています。定期的に歯科医院に通い、専用の器具できれいにしましょう。

超音波、ブラシなどを用いてクリーニングした後、ペーストとシリコンチップを使用して歯の表面をコーティングしていきます。


むし歯の治療

むし歯の治療歯は一度削ってしまうと二度と戻りません。

治療してしまえば治るのでしょ?という声をよくいただきます。しかしむし歯治療をしたその修復物と歯はミクロの世界で見るとほんの僅かな隙間や段差があります。なにもなかったかのように完璧に隙間なくくっつけることはできません。メンテナンスを怠れば隙間からむし歯が再発することもあります。

むし歯になってしまったら、まずはしっかりと治療し、生活習慣を見直す、セルフケアを心がけるなどしていきましょう。再発しにくい材料を選ぶことも有効です。

当院ではなるべく削らず最小限の範囲で治療するための体制を整えています。


歯の根の治療

歯の根の治療歯の中は複雑な形をしています。

歯の中には神経や血管が通っている管があります。大きなむし歯になってしまった場合、この管の中まで細菌が感染し、炎症を起こす可能性があります。

管の形は人によって歯によって多種多様で、これらをすみずみまでキレイにお掃除するためにはどうしても回数がかかってしまうことが多いです。

根気が必要な治療です。頑張りましょう。


歯周病の治療

歯周病の治療歯を失った経験がございますか?

自分の体の一部を失うこと、そして代わりの人工物をつけて体の代わりをすること・・たった1本の歯を失うだけでも、その後の治療は大変です。

日本人の成人のほぼ半数が歯周病であるというデータがありますが、歯を失う大きな原因の一つが歯周病です。

歯周病は歯周病原因菌による感染のみが原因ではなく、様々な要因が絡み合い発症します。

原因を除去し、力を合わせて歯周病を予防し進行を食い止めましょう。


お子さまの治療

お子さまの治療小児歯科はお子さまの成長過程を見守るところです。

子どものころに習得した知識や技術は、反抗期でいったん途絶えても大人になって自ら行うようになります。子どものころに、成長曲線から外れそうな小さな予兆を見逃さず治療をすることで、大きなことにならずに済む場合があります。

微力ながらも成長の過程に参加させていただき、自分で健康を守れる大人になって欲しい、それが私たちの目標です。

当院では突然治療するのではなく、何回か通っていただき治療に使う器具に触れたり、どんな音がするのかを聞いてもらったり、少しずつ練習を重ねてから治療を行います。

お子さまに上手に治療を受けていただくためのポイント

★ウソをついて連れていかないようにしましょう。

「今日は見るだけ」とか「歯磨きだけだから」などと言って連れて来て実際は違った場合、子どもとの信頼関係がこわれ次回からの治療が難しくなります。「今日は頑張るのよ!」などと過度に励ますのも、なにか怖いことをされるの?と子どもが不安になります。「今日は歯医者に行くよ」と淡々と伝えてご来院ください。

★悪いことをしたとき「そんなことしたら歯医者で注射してもらうよ」などと脅さないでください。

治療は罰ではありません。悪い子だから治療される、という間違った解釈を植え付けないようにしましょう。また、歯医者が苦手な保護者の方も、負のイメージの体験などを子どもに話さないようにしましょう。怖いという先入観が植え付けられ、診察が難しくなります。

★お腹いっぱい、空腹、どちらも避けて下さい。

お腹がいっぱいの場合、吐いたりしてのどに詰まる危険があります。また、治療内容によってはすぐに食事を摂れない場合がありますので、空腹も避けましょう。

★診察前は必ずトイレを済ませてください。

診療内容によっては途中で中断できないことがあります。

★治療後はたくさん褒めてあげましょう!

子どもは日々成長しています。前回できなくてもたった数日後にはできるようになることがたくさんあります。「できたね!」と一緒に喜んで褒めてあげてください。家に帰ってからも上手にできたよとみんなに報告してあげてください。達成感を感じることで、できることがどんどん増えていきます。


歯並びの治療

お子さまの治療歯並びの治療っていつから始めたらいいの?

小学生の時期にしかできない治療や、発見でき次第できるだけ早く行った方が望ましい歯並びがあります。待っていたため抜歯せざるを得なかったケース、歯並びは治ったけれどもお顔の形が変形したままになってしまうケースもあります。歯並びは、気になったその時にとりあえず受診されると良いと思います。今すぐ始めるべきなのか、もう少し待っても良いのか、ご相談承ります。装置を使った矯正は先の話でも、唇および舌の動きのお話や口呼吸の為害性についてのお話など、乳幼児の時期から日常生活の中で歯並びが良くなるように気を付けることなどのアドバイスも可能です。お気軽にご相談ください。

治療には様々な装置を使用します。ワイヤーを使用したものや取り外し式の装置、またお口の中を3Dスキャナーで計測し作製したオーダーメイドのマウスピース矯正も行っております。3Dスキャナーはお子さまのお口にも安心・安全に使用することが可能であり、従来の型取りが不要であるため型取りが苦手なお子さまも快適に治療を受けていただけます。

歯並びの治療


歯ぎしりの治療

歯ぎしりの治療歯ぎしり・食いしばりは自覚なくされている方がほとんどです。

子どもの歯ぎしりは問題ないケースがほとんどですが、大人になってからの歯ぎしり・食いしばりは歯周病や歯の崩壊、頭痛などの原因となり、良いことがありません。

自覚のなくされている方がほとんどですが、症状が長引く前の治療をお勧めします。


いびき・睡眠時無呼吸

  1. いびき・睡眠時無呼吸眠っているとき呼吸が止まる、常習的にいびきをかく
  2. しっかり寝ているのに朝起きた時に疲れている、日中強い眠気を感じる
  3. 夜中何度もトイレに行く(おねしょが治らない)、寝汗がひどい
  4. 夜中突然泣いたり叫んだりする、座って寝ている(子どもの場合)
  5. 胸の中央が凹んでいる

上の症状、睡眠時無呼吸症候群[SAS]かもしれません。

いびきなんてよくあることと軽く考えてはいけません。いびきをかいている人は、睡眠中ずっと酸欠状態になっています。しっかり寝て休んでいるつもりが体は50m走をしたくらい疲れているのです。

睡眠時無呼吸症候群の方によるマイクロスリープで重大な事故を起こしたケースがニュースでも大きく報道されましたが、車の運転でも交通事故は一般ドライバーの2.4倍です。また、心臓や血管に負担がかかるため脳卒中3.5倍、鬱5倍、高血圧2.1倍、心不全4.3倍、不整脈3.3倍、虚血性心疾患2.5倍、2型糖尿病2.3倍と様々な合併症の増加が報告されています。脳に届けられる酸素が不足するため、子どもの場合には成長発育に影響することがわかっています。

睡眠時無呼吸症候群の中でもっとも多いのが閉塞性[OSAS](上気道が塞がるまたは部分的に狭くなっている状態)です。これは治療法が確立されており、正しい治療を受けることで改善を期待できます。

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)専門クリニックと連携を取って治療を進めていきます。

マウスピースによる治療

マウスピースは、他の治療方法に比べ体への負担が少なく、携帯も可能ですので出張中や旅行中などにも便利です。

マウスピースにはいろいろな種類がありますが、大きく分けて健康保険適用の上下一体型と健康保険非適用の上下分離型の2種類があります。

上下分離型マウスピース(ソムノデントMAS)は、上下一体型と比較して装着時の拘束感が少なく、装着中に会話やあくび・咳・水を飲むこともできるので、快適に装着することができます。

※当院はソムノメッド社認定歯科医療機関です。
https://somnomed.com/ja/

※マウスピースは年齢や症状によって使用できない場合もございます。詳しくはご相談ください。


スポーツマウスガード

スポーツマウスガードスポーツマウスガードは主に格闘技で装着するイメージがありますが、バスケットボールやラグビーなどの、いわゆるコンタクトスポーツでも効果的です。

お口の中に装着することで衝撃を和らげ、歯が折れたり、唇や舌などが負傷する危険性を避けるために装着します。また、脳震盪の発生率や重篤度が低減します。

当院ではオーダーメイドのマウスガードを取り扱っております。

それぞれのお口に合ったマウスガードを装着することで、かみ合わせが改善され、力を入れやすくなったという声も少なくありません。装着感も良く、怪我を防ぎ、運動能力発揮に役立ちます。また、好みに合わせたカラーもご要望に応じて対応も可能です。


ホワイトニング

ホワイトニング“歯を白くしたい”といっても、どのような原因で歯の色が濃く見えるのかによって処置の内容が違います。どのくらい白くしたいのか?どのくらいの期間で白くしたいのか?など、最初はまずお話と歯のチェックから始めましょう。歯のチェックをすることで、どのくらい白くできるか、またかかる期間などがある程度わかります。まずはご相談ください。

ホワイトニングを検討する前に、まずは歯のクリーニングをしてみましょう。毎日歯を磨いていても、歯石やステインを含む食品で汚れてしまうものです。タバコを吸われる方はニコチンも汚れの原因になります。これらを取り除くだけでも歯は白くなります。

さらに歯を白くしたい方はホワイトニングを行います。歯の表面にお薬を塗布し、特殊な光を当てることで歯の色を白くします。

当院のホワイトニングシステムはホワイトニング直後からでもお食事が可能です。コーヒー、カレー、赤ワインなど色の濃いものでも制限なくご飲食いただけます。お付き合いの多い社会人の方にもお勧めです。

詳しくはご相談ください。


※当院はスーパーポリリンホワイトニング導入医院です。

https://poririn-whitening.jp/

※初回は税別3980円、2回目以降は税別7980円となります。3回コースをお勧めいたしますが、1回のみの施術のお試しコースも可能です。所要時間はそれぞれ約1時間となります。


インプラント

当院ではインプラント治療を行っておりません。

インプラント治療をご希望の方、またはインプラント治療が適していると思われる方はインプラント専門医をご紹介いたしますのでご相談ください。


撤去金属について

当院はトゥースフェアリープロジェクトに参加しております。

お口の中の銀歯や入れ歯に使用する金属は金やパラジウムなどを含んだ合金でできており、集めてリサイクルすることで子どもたちを支援する大切な資金となります。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.tooth-fairy.jp/


電話をかける

Copyright © 2019 Jizo-dori Dental. All Rights Reserved.
HOME 電話をかける 初診限定ネット予約

ページの先頭へ