勉強会(国際食育士協会歯科食育士検定講座@広島)

こんにちは。

去る8月25日(日)に広島にて開催された国際食育士協会歯科食育士検定講座に当院のスタッフ3名が参加して参りました。

“食育”とは聞きなれない言葉かもしれませんが、一人一人が生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取り組みを指します。

お口の中を健康に保つことは重要なことです。加えて、お口の中に入れるものについて考えることも同じく重要なことです。今回の講義内容をスタッフたちから講義してもらい、医院全体にとっても大きな学びとなりました。

日曜日という休日にも関わらず、スタッフたちが自主的に朝から夕方まで参加を希望してくれて、とても嬉しく思います。彼女たちがしっかり学んできてくれた内容を皆様にも還元出来ますよう医院としても取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。


では。

8月の休診日

8月の休診日のお知らせです。

水曜日、日曜日および11日(日)~15日(木)までお盆休みとさせていただきます。
また、8日(木)は広島県学校歯科保健研究大会への参加のため、16時までの診療とさせていただきます。


よろしくお願いいたします。

学会(第37回日本顎咬合学会学術大会・総会@東京)

こんにちは。

少し時間が経過いたしましたが、去る6月23日(日)に東京にて開催されました第37回日本顎咬合学会学術大会・総会に参加して参りました。広島から東京まで日帰りでの参加となりましたが、有意義な一日を過ごすことができました。

毎年、東京国際フォーラムでの開催なのですが、会場がとにかく広く発表分野も多岐に渡るため、目移りしながらも聞きたい講演内容を求めて会場内を歩き回ります。

もちろん、小児歯科の講演も複数あり、大変勉強になりました。お子さまの時期からの生活習慣が今後の成長発育に大きく影響を及ぼす可能性があるということを改めて認識した次第であり、ますます広く深く知識を増やしていかなければと感じました。

大学病院時代の医局の友人と。高名な先生方の前で立派に症例発表を行っておりました。彼の活躍ぶりを見て、ますます私も頑張っていこうと思いました。三宅くん、どうもありがとう、とても良い刺激になりました。またみんなで集まって近況報告できたら良いですね。


では。

学会(第57回日本小児歯科学会大会@札幌)

こんにちは。

去る6月10日(月)・11日(火)に札幌にて開催されました第57回日本小児歯科学会大会に参加して参りました。皆様方におかれましては医院を休診にしての参加となり、ご迷惑をお掛けいたしましたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

今回の大会におきまして、院長である私石田一輝が昨年発表させていただきました論文「小児の上顎中切歯逆生埋伏に対して抜歯再植を応用した一例」が栄えある平成30年度小児歯科学雑誌優秀論文賞を受賞し、表彰いただけるとのことで表彰式に臨みました。

メイン会場での表彰式となり、緊張しながらの表彰式となりました。

日本小児歯科学会木本理事長と。

平成30年度は私を含め2名の受賞という大変名誉ある賞を授与いただきまして恐縮しております。

この度の表彰に際しまして、母校である九州歯科大学小児歯科の先生方および広島大学小児歯科の先生方、早朝からの式にも関わらず見守ってくださりありがとうございました。そして何より鈴木淳司先生、先生のご指導ご鞭撻がなければこの度の受賞はあり得ませんでした、本当にどうもありがとうございました。最後に、支えてくれた妻の梢と息子たちにこの場を借りて感謝を伝えたいと思います、どうもありがとう、家族の皆の支えがあったうえでの今日の私があると思っています。
この経験を通じて、益々地域歯科に貢献出来るよう頑張りたいと思っております。


では。